研修に関するお問い合わせは、下記メールアドレスまでご連絡ください。
windkensyu@wind.or.jp

研修について

WINDの紹介

一般社団法人WIND(ウィンド)は旧北大産婦人科医局が発展的に組織改革を行い法人化したものです。その狙いは、組織の目的・事業を明確にし、運営をより公正にし、社会に認知されたものとすることです。事業の中心は大学産婦人科と教育病院・関連病院産婦人科との連携をより緊密に、よりスムーズなものとして、勤務医の労働環境や勤務条件の改善を目指すこと、若手医師に魅力ある研修プログラムを提示すること、併せて他大学などとも協力して北海道の医療水準の向上と均てん化を通して国民の健康および福祉の増進に貢献することです。併せて、社員相互の親睦を図ります。
このようにWINDの目的は社員(会員)の技術向上、地位向上、環境改善などをめざすことにありますが、この活動を通して産婦人科医療を地域社会に公平に提供することを使命と考えており、公益性を備えた組織です。

WINDのMission

  1. 北海道の産婦人科医療を守ります
  2. 産婦人科学と産婦人科医療の発展に貢献します
  3. 産婦人科の労働環境改善を提言し、やりがいのある職場を実現します
  4. 若手産婦人科医の研修システムを充実します

定款はこちら

WIND・北海道大学病院 産婦人科領域専攻医募集

一般社団法人WIND(ウィンド)は北海道大学産婦人科医局と教育病院・関連病院産婦人科が法人化した組織です。基幹病院である北海道大学産婦人科と教育病院・関連病院産婦人科との連携をより緊密なものとすることで、若手医師に魅力ある研修の機会を提供しています。
北海道には21の2次医療圏と、全国で唯一6つの複数3次医療圏があります。WIND・北海道大学産婦人科研修プログラムの専門研修施設群はこれら3次医療圏のすべてにあり、北海道全域の医療を担っています。WIND・北海道大学産婦人科研修プログラムの施設群は5つの総合周産期母子医療センター、9つのがん拠点病院、4つの特定不妊治療費助成事業指定医療機関を有し、専門研修プログラムの修了要件に必要な症例数の確保のみならず各領域での高度な医療に携ることができ、subspeciality領域の専門医、認定医取得に向けた連続した研修を受けることができます。

募集人数

20人
※学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。

応募から採用までの流れ

日本専門医機構から登録開始時期決定の連絡が届き次第掲載いたします。

専門研修プログラム

※上記内容は学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。

プログラム応募手続き

下記応募申請書および履歴書を記載して、WIND・北海道大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会まで郵送(簡易書留)あるいは添付ファイルでメール送信して下さい。
(1週間経過しても、受領確認のメールがない場合には、下記連絡先までご連絡下さい。)

本プログラムに関するお問い合わせ先及び申請書提出先

〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目
北海道大学 産婦人科医局
WIND・北海道大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会
TEL:011-706-5941 / FAX:011-706-7711
e-mail: miyabi-s@med.hokudai.ac.jp

 

このページの先頭へ